仮想通貨 一覧

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の解説

更新日:

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)の解説

彗星のごとく現れた仮想通貨界のニュースター。魅力的な性格とパワフルな働きぶりで、次々と男たちを虜にしている。

仮想通貨界の女帝であるビットコインの子であるが、彼女の座を奪おうと虎視眈々と機会を伺っている。

キャッシュ
ビットコインなんかよりもアタシの方が正統派だよ~?足も速いし、いっぱいデータを運べるよ~。それに今、アタシめちゃくちゃモテ期なんだ~。中国人とか…日本人とか…いっぱい味方になってくれるの! え?将来どうするのかって?アタシまだ若いから、未来のことなんてわかんな~い

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュ(Bitcoincash、通貨記号:BCH)は2017年8月にビットコインからハードフォークしたことで産まれた新しい仮想通貨です。

「ビットコインの劣化品みたいなもの?」みたいに思われがちですが、ビットコインキャッシュが産まれた経緯を追っていくと、むしろこちらのビットコインキャッシュの方が「サトシ・ナカモト」の提唱したビットコインに近いのです。

サトシ・ナカモトの論文に記載されたビットコイン本来の形にデータが一番近いため、「ビットコインキャッシュこそ本物のビットコインだ」という意見が出ています。

現在の基軸通貨はビットコインですが、「本当のビットコインはビットコインキャッシュなんだから、今後はこっちが基軸通貨になる!」と言われ注目を集めています。

キャッシュ
本物のビットコインは私なんだから、私が基軸通貨になるべきだよね~?

ビットコインキャッシュのメリット

将来、基軸通貨になる可能性がある

あなたはビットコインを実際に使ったことがありますか?ビットコインといえば「手数料が安い」「送金が速い」という特徴を持っているとされる仮想通貨です。さぞや凄い手数料の安さと送金速度なんだろうな…と思ってるとアレレ?

基本手数料は0.0005btcもするし、送金が速いと言っても2~3日もかかる時がある…。それだったら200~400円の手数料で、翌日には振り込まれる銀行振込のほうが良くない?となるわけです。

上記のような状態のビットコイン…。実は開発者であるサトシ・ナカモトの理想としたビットコインの姿とは少し違う形に変化してしまったのです。

ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモトは世界中のどんな人でも(もちろん貧困層も)安い手数料で高速な送金をすることができることを望み、ビットコインを開発しました。

当初はビットコインの手数料は1円以下と安かったのですが、価格高騰の結果、手数料は1,000円前後に跳ね上がっています。送金が詰まってるときは2,000円以上払わないときちんと着金しません。こんなの世界中の貧困層どころか、我々日本人だって使うのを躊躇う手数料でしょう!?

ビットコインを詰まらせているブロックストリーム社

「何でこんなに手数料が高く、送金が遅い通貨になっちゃったの?」と思いますよね?実は今のビットコイン開発に関わっている人たち(コア派といいます)が意図的に送金詰まりを起こしています。(コア派は「今の」ビットコイン開発に関わっている人たちのことを指します。サトシ・ナカモトは含まれません。)

ビットコインの送金詰まりが起きる=仕方ないから手数料を上乗せして早く処理してもらおうとユーザーはしぶしぶ手数料を上乗せします。その手数料が欲しいために、ビットコインの送金速度を上げることを拒否している団体がいるのです。

それがブロックストリーム社という団体です。代表はアダム・バック氏。ビットコインの送金詰まりを引き起こしている原因となる人たちです。

送金詰まりを起こしているときに後から手数料を上乗せして優先的に処理して「Replace By Fee」という機能を改良して実装させたのもブロックストリーム社です。

ようするに今のビットコインはコア派であるブロックストリーム社によって私物化されています。

キャッシュ
この人ら、Mt.Gox社の破綻で大損したんだって~。だからこんな変なことしてるの

真のビットコインとしてビットコインキャッシュは産まれた

もちろん他の開発者や、サトシ・ナカモトを応援する人はブチきれますよね。

「そんなのユーザーのためにならない!手数料欲しさに送金を詰まらせるなんて間違っている!今のビットコインを分岐させて新しいビットコインを作るわ」となりました。

そこで生まれたのがビットコインキャッシュです。2017年8月に生まれたばかりの若い通貨!

従来のビットコインのブロックサイズが1MBなのに対して、ビットコインキャッシュのブロックサイズが8MBと大きいため送金スピードが速いです。

キャッシュ
ほら、荷物を小分けにして運ぶよりも、大きいダンボールにまとめて入れて運んだ方が早く運べるでしょ?そんな感じ~。

そのためビットコインが数十分~数日かかるのに対し、ビットコインキャッシュは10~15分程度で送金できるとされています。また、ビットコインキャッシュは取引手数料も10円程度で推移しており、非常に安価です。

「ビットコインキャッシュの取引量が多くなったらどうするの?」と思うでしょうが、ブロックサイズを32MBまで拡張できるので、今の4倍の取引量まで増やすことができます。

ビットコイン本来の開発者たち、中国人マイナー(最大手のBitmain社の代表のジハン・ウー)、SBI証券、更にイーサリアム開発者のヴィタリックまでもがビットコインキャッシュを支持すると表明しています。

ビットコインキャッシュのデメリット

まだ産まれて間もない仮想通貨のため、先行きがわかりにくい点でしょう。

ビットコインの周囲環境は頻繁に変わるため、ビットコインの情勢に巻き込まれることも多いでしょうし、今後、ビットコインキャッシュの更に上をいく新しいビットコインが産まれる可能性はゼロではありません。

そのため、ビットコインキャッシュを持っているのならば、ほったらかしにしないで常に仮想通貨の情報を追うべきです。

まとめ

ビットコインの送金問題・手数料問題を解消させた新しいビットコインです。通貨としての機能や、開発者たちの思想から「ビットコインキャッシュこそ真のビットコイン」と言われています。
ただし、産まれたばかりの通貨でまだ環境が不安定です。状況が一変する可能性もあるので、常に情報を追う必要があります。

 

ビットコインキャッシュが買える仮想通貨取引所

ビットコインキャッシュを買うのなら…

ビットコインキャッシュもビットコインやイーサリアムと同じく全ての取引所で購入できます。コインチェックとビットフライヤーGMOコインはボタンひとつで簡単に購入できますが、他の取引所よりも価格が高めです。初心者向けですね。その他の取引所は板取引なので先述の取引所よりも安く購入できます。ザイフビットバンクが取り扱い通貨の種類が多いのでオススメです。

取引所比較ページ

1、コインチェックビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックの口座開設方法のページへジャンプ(コインチェックは業務が改善されるまで一時的にリンクを外します)

2、ビットフライヤーbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーの口座開設方法のページへジャンプ

3、ザイフザイフの口座開設方法のページへジャンプ

4、ビットバンク

ビットバンクの口座開設方法のページへジャンプ

 

5、GMOコイン

GMOコイン口座開設方法のページへジャンプ







  • この記事を書いた人

えりしー

日刊SPA!で仮想通貨マンガ「仮想通貨今昔物語」連載中&金融情報配信会社フィスコのフィスコソーシャルレポーターとして仮想通貨コラムを配信中。 過去にFXトレードで数百万円吹っ飛ばした底辺トレーダーだったが、仮想通貨リップル(Ripple)に出会い、損失を取り返すどころか資産が増えてニコニコしている。投資手法は完全ほったらかしで全くトレードしないスタイル。 連絡先:cryptogirls11@gmail.com

-仮想通貨 一覧
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨女子部! , 2018 All Rights Reserved.