仮想通貨取引所の比較 メリットとデメリット

仮想通貨取引所というのは法定通貨を仮想通貨に交換することができるネット上での両替所のことです。

日本にある仮想通貨取引所では、日本の法定通貨である「円」と仮想通貨を交換することができます。日本円を仮想通貨にすることも、仮想通貨を日本円に換えることも、24時間365日いつでもできるので、「交換したい!」と思い立った時いつでもお金を両替できますよ~。

日本の仮想通貨取引所を一覧にし、メリット、デメリットを比較してみました。自分にあった仮想通貨取引所を見つける参考になったら幸いです。

オススメ仮想通貨取引所のメリット・デメリット一覧

 

オススメ仮想通貨取引所一覧 ~比較してみよう~

1位:ビットバンク(bitbank)

ビットバンクってこんな取引所

2018年2月時点で一番オススメの取引所。手数料が安い、サーバーが強い、二段階認証も完璧、今のところ文句なし!!絶対口座開設をしておいた方がいい取引所です。

 

取り扱い仮想通貨

6種類

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)ライトコイン(LTC)

 

ビットバンクのメリット

2018年2月7日追記:

仮想通貨取引所が乱立する中、今一番オススメの取引所です。以前だったらコインチェックがオススメだったのですが、ハッキング騒動後はビットバンク以外考えられない状態に…。なぜならビットバンクは取り扱い通貨全ての板が存在します。板がある=顧客同士で売り買いできる=手数料が安いというわけ。更に急騰時&急落時にサーバーダウンする取引所が多い中、ビットバンクのサーバー滅多なことでは落ちません。懸念事項だったログイン時に二段階認証の設定ができない、ということも2018年2月以降改善しました。ビットバンクで買える通貨はビットバンクで買った方がいいよ、マジで!

---------------------------------------------------------

リップル、ライトコイン、モナコインは日本の仮想通貨取引所の中で最も安く買うことができます。(モナコインはザイフも板取引できるけどね)取り扱い仮想通貨の種類は少ないのですが、人気の仮想通貨が揃っているので満足度は高いのではないでしょうか。また、2018年3月31日まで取引手数料無料キャンペーンを行っているため、現状は最安値。

サーバーが強い点も魅力的です。大きなニュースがあった直後(例えば中国の仮想通貨取引の規制強化ニュース等)は取引量が大幅に増え、サーバーダウンをする取引所が多々あるのですが、ビットバンクはサーバーダウンせずに取引を続けることができます。

またコインチェック、ビットフライヤー、ザイフの3大仮想通貨取引所よりはユーザーが少ないので(失礼)、ユーザーサポートが丁寧で迅速なところも良い。口座開設スピードは業界ナンバーワンでしょう。私の場合、申し込んだ翌日に書類が届き、取引を開始することができました。

ビットバンクのデメリット

あんまり無いんだけど…しいて言うなら入金方法が銀行振込だけのため時間がかかります。土日は身動きが取れないのでツライです。他の大手の仮想通貨取引所はクイック入金やコンビニ払いに対応してるのに、銀行振込のみはめちゃくちゃ痛い…。

ただし、住信SBIネット銀行の口座からの入金は24時間365日受け付けています。そのため、ビットバンクの口座を開くのなら住信SBIネット銀行の口座を開設しておくと便利かも。

ビットバンクの口座開設方法

ビットバンクの口座開設方法・二段階認証設定方法のページへジャンプ

 

 

2位:ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーはこんな取引所

コインチェックと双璧をなしている2大取引所のうちの1つ。コインチェックが停止している今、初心者の人でもすんなり仮想通貨投資をはじめることができる取引所の筆頭!初心者の人はビットフライヤーの口座開設をしておけば間違いなし!!

取り扱い仮想通貨

7種類

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LISK)

 

ビットフライヤーのメリット

「ビットフライヤー♪ビットフライヤー♪」というCM曲でお馴染みのビットフライヤーです。

取引量が国内1というだけあって、取引画面や取引レポートの見やすさ、顧客還元キャンペーンなどは随一。初心者の人にオススメしたい取引所です。とにかく簡単に買えるようなサイト設計のため、「難しいことはいいからまず仮想通貨投資をはじめたい!!」という人は現状ビットフライヤーしかないです。

初心者向け取引所と思いきや、FXが非常に盛んです。レバレッジを15倍までかけられるので一発逆転を試みたユーザーがトレードに勤しんでいます。また、FXチャートが高性能で使いやすいことも評判です。

入金方法は大手取引所らしく多様です。通常の銀行振込に加え、コンビニ入金、クイック入金(ペイジー決済)、クレジットカード払いが利用できます。

不正ログインにかかる日本円損失保証サービスがありますが、何と最大500万円まで補償してくれます。100万円以上の日本円を取引所に預けてあるアカウントのみ。99万円以下の場合は最大10万円の保証。300万円預けていた人が50万円を盗難された場合は50万円の保証、50万円預けていた人が50万円を盗難された場合は10万円の保証、ってことですね。)

アカウントがトレードクラス、二段階認証をログイン時と日本円出金時にかけるという2点だけが条件なので、しっかり二段階認証はかけましょう。あくまでも取引所に置いてある日本円だけが対象です。仮想通貨の盗難は保証外なので注意!

ビットフライヤーのデメリット

2018年2月現在、サーバーダウンが目立ちます。頻繁に売買をしないユーザーにとってはサーバーダウンはそこまで気にしなくていいのですが、FXユーザーにとってポジションを持ったままの状態でサーバーダウンしてしまうと命取りですね。ビットフライヤーは儲かってるんだろうからサーバー強化したほうがいいですよね(笑)

 

ビットフライヤーの口座開設方法

ビットフライヤーの口座開設方法・二段階認証設定方法のページへジャンプ

 

 

3位:ザイフ(Zaif)

ザイフはこんな取引所

とにかくサーバーが落ちることで有名なザイフだけれど(笑)、仮想通貨の積み立て投資ができるのはザイフだけなので、積み立て投資専用取引所と考えると使い勝手が良い!!

取り扱い仮想通貨

5種類

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ネム(NEM)ビットコインキャッシュ(BCH)モナコイン(MONA)

トークン8種類

ザイフトークン(ZAIF)、カウンターパーティー(XCP)、ビットクリスタルズ(BCY)、ストレージコインエックス(SJCX)、フィスココイン(FSCC)、ペペキャッシュ(PEPECASH)、カイカコイン(CICC)、ネクスコインNCXC、ゼン(JPYZ)

 

ザイフのメリット

日本で人気に仮想通貨ネム(XEM)のマーケティングを任されているテックビューロ社が運営している仮想通貨取引所です。そのためネムを推している…と思いきや、モナコインを強烈にプッシュしています。実はモナコインを日本ではじめて上場させた取引所で、モナコインコミュニティと縁が深い取引所なのです。

ザイフは全通貨の板があるため、仮想通貨を安く手に入れることができます。ビットバンクで取り扱いのないネム、モナコイン、その他トークンは日本の仮想通貨取引所の中で一番安く買えるのでお得です。(モナコインはビットバンクの方が手数料無料キャンペーンをしているから安いんだけどね)

ザイフはなんといっても積み立て投資があるところが良い。金や投資信託のように、毎月こつこつと仮想通貨を積み立てていくことができます。しかも銀行口座から勝手に引き落としてくれるため、こちら側でやらなくてはいけないことは一切ありません!らくちん!!

毎月27日に引き落とし、翌月10日~翌々月9日まで、1日ずつバラバラに購入してくれる「ドル・コスト平均法」という価格が安いときは多く、価格が高いときには少なく買い付ける手法を自動でやってくれます。これ、結果的に平均購入単価を抑えることができるんですよね。通貨価格が安いときはいつもより多く買ってくれて、通貨価格が高いときは買いすぎを抑えてくれるという、優秀な買い付け方法です。

積み立て投資できる仮想通貨はビットコイン・ネム・モナコイン・イーサリアムの4種類です。

取り扱い仮想通貨は14種類と非常に多いのですが、主要な通貨は5種類のみです。その他のトークンは知名度や取引量が非常に少ないものが多く、はじめて買う人にはオススメできないかな~…。けど強烈なファンを持つザイフトークンやペペキャッシュも含まれているので、買うなとも言えない(笑)

入金方法は通常の銀行振込に加え、コンビニ入金、クイック入金(ペイジー決済)とクレジットカード払いが利用できますが、クレジットカード払いで購入できるのはビットコインとモナコインのみです。

ザイフのデメリット

ザイフのデメリットはサーバーダウンが多いところです。取引が活発な時間帯にザイフがまともに動いていると「えっ!?今ザイフ動いてるの!?奇跡じゃん!」とか言われててちょっと笑う。サーバーの増強を図っているようですが、急激に増え続ける仮想通貨投資のユーザー数に追いつかないんでしょうね…。

短期でトレードをする人にとってサーバーダウンは死活問題のため、ザイフは早めにサーバー増強したほうがいいんじゃないかな…。

ザイフの口座開設方法

ザイフの口座開設方法・二段階認証設定方法のページへジャンプ

 

 

番外:コインチェック(Coincheck)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックは業務が改善されるまで一時的にリンクを外します

コインチェックに向いているのはこんな人

  • 仮想通貨をはじめて買う人
  • ビットコイン以外の様々な仮想通貨を買いたい人
  • スマホアプリを使いたい人
  • 仮想通貨の盗難が不安な人

取り扱い仮想通貨

13種類

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)ネム(NEM)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、リスク(LSK)、ファクトム(FCT)、モネロ(XMR)、オーガー(REP)、ジーキャッシュ(ZEC)、ダッシュ(DASH)

 

コインチェックのメリット

私が最初に口座を作った取引所です。周りでも最初の仮想通貨取引所はコインチェックという人が多いので、仮想通貨をやっている人はほとんど口座を持っているのではないでしょうか?サイト全体が非常にシンプルで分かりやすく、通販サイトを使っている感覚で仮想通貨を購入できるので、初心者の人に最適です。

スマホアプリの使いやすさも抜群。Twitterを見てるとコインチェックのスマホアプリを使っている人だらけなので、常に価格のチェックをしたい!という人は価格表示ウィジェットを使うのがオススメ。仮想通貨の価格急騰・急落のアナウンス機能もあるので、常にドキドキすることになるかも(笑)

また、取り扱い仮想通貨は13種類!これだけの仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所は国内には無いので、いろんな通貨をちょっとずつ買っておきたいな~という分散投資をしたい人にもオススメです。

入金方法も豊富で、通常の銀行振込に加え、コンビニ入金、クイック入金(ペイジー決済)、クレジットカード払いが利用できます。

サポートの対応も早いです。以前、コインチェックに入金が反映されずに途方に暮れることがありました。サポートに連絡したところ、私の記名ミスだということが発覚し(お恥ずかしい)翌日には入金の反映をしてくれました。サポートに連絡しても放置される取引所が多い中、コインチェックのサポートの迅速さと丁寧さには一目置いています。

不正ログインにかかる損失を最大100万円まで補償しています。二段階認証をしているユーザーが対象です。第三者の不正ログインが怖いなぁ…と思う初心者の方には最適のサービスですね!

それと、コインチェックは働いている人達の顔が見えやすいので安心感があるという点も捨てきれない。皆さん積極的にTwitterで情報発信していますし、大型のイベントには直接足を運んでユーザーの声を聞いてくれます。利用しているユーザーの要望を聞いて改善する…という流れができているからこそ、非常に使いやすい取引所なんでしょうね。

コインチェックのデメリット

唯一不満な点は、ビットコイン以外は仮想通貨販売所しかないので手数料が割高なことです

けど、日本円から直接仮想通貨を買えるって本当に貴重なんですよね…。ビットコインを一度買う手間が省けるので手数料もその分安くなる。そう考えるとトントンかな~と思うので、私はビットコイン以外の仮想通貨を買う場合はコインチェックで買っています。入金もすぐに対応してくれるしね。

また、FXもできますが、レバレッジは5倍までです。チャートソフトも何だか使いにくいと不評…。「レバレッジをもっときかせたい!FXもっとやりたい!」という方は他の取引所の方が良いのではないでしょうか。

コインチェックの口座開設方法

コインチェックの口座開設方法・二段階認証設定方法のページへジャンプ

 

 

知っておきたい仮想通貨取引所の基礎知識

仮想通貨取引所と仮想通貨交換所の違い

「仮想通貨取引所」と一言にまとめてしまっているのですが、厳密にいうと仮想通貨取引所仮想通貨販売所があります。仮想通貨取引所はよく聞くけど、仮想通貨交換所って何?どう違うの?と思うでしょう。

仮想通貨取引所は「仮想通貨を買いたい人と売りたい人が匿名で売買する場所」(取引所はマッチング手数料で儲ける仕組み)

仮想通貨販売所は「交換所が仮想通貨を販売している」(販売所は仮想通貨に手数料を上乗せして儲ける仕組み)

このような違いがあることをイメージしてみてください。

 

仮想通貨取引所

メリット

仮想通貨を安く買える!とにかくこれに尽きる(笑)

デメリット

慣れていない人は少し戸惑うかも。実際はそこまで難しいものではないので、少量だけ実際にやってみると良いと思います。

仮想通貨取引所では、仮想通貨を売りたいユーザーと買いたいユーザーが価格を提示しあう「板」という価格表が存在します。これはビットコインの板の画像です。実際の板を見てもらうとわかるのですが、ものすごいスピードで動いています。板が活発な様子ですね。

この板に書かれている価格と数量は、ビットコインを売りたいユーザーとビットコインを買いたいユーザーがお互いに、手持ちのビットコインの数と取引したい価格を提示しあっています。ようは買いたい人と売りたい人のマッチングを行うのが「板」です。

「売」の上の方が価格が高く、「買」の下の方が価格が安い。そして真ん中部分でほぼ同じような価格になります。これはつまり、取引ができる順番待ちの列のようなものです。適正価格に一番近い真ん中にいる人が一番早く取引ができ、適正価格より遠い人ほど端っこに追いやられて、取引できる順番が後回しになります。

一番上の「買」は1,249,056円で0.2798ビットコイン分を買いたい人です。一番下の「売」は1,249,062円で0.728ビットコイン分を売りたい人です。これらの注文は成立しました。

「売りたい人が0.728ビットコインで買いたい人は0.2798ビットコインなら、0.4482ビットコイン分が余るじゃん。それに間に6円分の価格差がある」と思いますよね?

この取引の場合、売りたい人の0.4482ビットコイン分の余った注文は板に残ったままになります。他に買いたい人が現れるまでこの余りの注文は残ったままになるんですね。

そしてこの6円分の価格差は取引所の利益になります(これをスプレッド(手数料)と呼びます)手数料は変動する取引所が多いです。特に相場が大きく動く時(ビットコインが急落した時とか)は手数料がめちゃくちゃ高くなるので、相場が落ち着いた時に取引をしましょう。

ちなみに、板にある価格よりものすごい安い価格で買いたいという注文を出すことも可能です。しかし、売ってくれる人が現れないことには、その注文は履行されず、ビットコインを購入することができません。

また、板が活発であれば良いのですが、取引をしたい人が出てこない寂しい板も存在します。(これを「板が厚い・薄い」と呼びます)薄い板だと、「やっと売ってくれる人がいた…これで買える…」と思ってもボッタクリな価格を提示されるケースが多々あります(笑)そのせいで取引が成立せず、板は薄いまま…という悪循環になるのです。

仮想通貨販売所

メリット

欲しいと思った数量をいつでも購入できる。面倒くさい取引を省きたい人にオススメ

デメリット

仮想通貨取引所で購入するよりも価格が高い

仮想通貨販売所では、上記の板は存在せず、買いたいと思った数量を仮想通貨販売所が提示する価格で購入することができます。
いつでも、いくらでも、欲しい通貨を欲しい数だけ購入することができるので便利です。
ただし、仮想通貨販売所が提示する価格は、仮想通貨取引所で取引されている価格よりも少しお高い…。

 

仮想通貨取引所の7日間の資金移動制限

マネーロンダリング対策として、下記の3種類の方法で入金した資金は7日間の移動制限があります。仮想通貨取引所や入金方法によって「全額7日間移動不可」「半額7日間移動不可」に分かれます。
・クレジットカード支払い
・コンビニ支払い
・クイック入金

これ、どういうことなのか最初は私も理解できなかったのですが、上記の3方法で入金した日本円でビットコインを購入した場合、他の仮想通貨取引所や自分のウォレットなどに送金可能になるまで7日間待たないといけないんですよね。

例えば、一部の仮想通貨は日本の仮想通貨取引所では購入することができません。そのような仮想通貨は一度ビットコインを買って、それを海外の仮想通貨取引所に送金し、ビットコインを使って購入しなくてはいけないのです。面倒くさいでしょ。

しかし、上記の資金移動制限があるため「わー!海外仮想通貨取引所でしか買えない仮想通貨が上がりそうだ!急いで買わなきゃ!」と思ってクイック入金をして、即座にビットコインを購入できたとしても、それが動かせるようになるまで7日間待たなきゃいけない…。もうクイック入金の意味ないじゃん!って思いましたね(笑)

しかし、他の仮想通貨取引所などに送金する予定のない仮想通貨を急いで購入したい場合は、クイック入金やコンビニ入金が最も早いので便利です。数分で入金されますよ。

上記の移動制限が適用がされない入金方法は「銀行振込」だけです。もし、急いで仮想通貨を送金しなくてはいけない場合は、銀行振込で入金された日本円を使って仮想通貨を購入しましょう。

 

  • この記事を書いた人

えりしー

日刊SPA!で仮想通貨マンガ「仮想通貨今昔物語」連載中&金融情報配信会社フィスコのフィスコソーシャルレポーターとして仮想通貨コラムを配信中。 過去にFXトレードで数百万円吹っ飛ばした底辺トレーダーだったが、仮想通貨リップル(Ripple)に出会い、損失を取り返すどころか資産が増えてニコニコしている。投資手法は完全ほったらかしで全くトレードしないスタイル。 連絡先:cryptogirls11@gmail.com

更新日:

Copyright© 仮想通貨女子部! , 2018 All Rights Reserved.